●導入事例《1》
会社を設立して、社員を雇用する際の助成金について、ご相談をお受けいたしました。

そこで、新規に設立した会社が人材を雇用する際の助成金制度をご提案し、採用後、申請、受給までのサポートを行いました。

結果、年間510万円の助成金を受け取ることが出来ました。

会社設立後の1年間は、非常に資金繰りが苦しい時期で本当に助かり
ました。有難うございました。

●導入事例《2》
若い社員が多く、成長のスピードの違いが顕著になってきっている。今後の社員教育の方針についてもどのようにしていくべきか悩んでいるとのご相談をお受けいたしました。

そこで、社員全員を対象に人材診断を実施。各社員の特性(短所・長所)などを分析し、その分析を基に組織やグループの再編を行いました。

社員が自信をもって、自分の個性を主張するようになりました。

●導入事例《3》
現在の社員の給与が適正なのかどうかよくわからないとのご相談を頂戴いたしました。

そこで、 現状の分析と共に社長の賃金に対する考え方を充分にお聞きした上、最適と思われる『成果配分方式』の賃金制度をご提案し導入して頂きました。

給与額の根拠、昇給・昇格のルールが明確になり従業員のモチベーションが上がりました。

●導入事例《4》
新規採用者の定着率が悪く、採用に係る費用と手間がばかにならないのだが何か方策はないだろうかとのご相談をお受けいたしました。

そこで、面接シートの作成から始め、応募者に対して人材診断を行った上、面接にも立会い採否について意見させて頂きました。

驚くほど定着率が向上し満足しました。



Copyright(C)2005 中央労務管理事務所/produced by morihara